日本キリスト教団出版局



希望の教育へ

イーショップ教文館


希望の教育へ

子どもと共にいる神


レギーネ・シントラー:著
深谷潤:訳

四六判 並製 272ページ

3,888円税込

ISBN978-4-8184-0949-1 C0016

2016年10月


多様な価値観が渦巻く時代、おとなは子どもたちに何を示せるか


世界を結ぶ膨大な情報や多様な価値観が溢れる時代、排他的不寛容がその裏面を覆う。今を生きる子どもたちが豊かな人生を歩む道はどこにあるのか。祈り、善悪、苦しみ、死など子どもを囲む世界を丁寧に見つめ、ひとつの宗教に根差すことから広がる希望を語る。

【目次】

Ⅰ.希望への教育
《第1章》変化する世界の中で神について語る
《第2章》宗教教育の主題としての希望
《第3章》神の家への途上で

Ⅱ.子どもと共にいる神
《第4章》神のイメージ
《第5章》過去の有名な三人の子どもたちと神のイメージ
《第6章》祈 り 
《第7章》主の祈り
《第8章》創 造
《第9章》苦しみについて 
《第10章》子どもと死
《第11章》善悪の狭間に置かれた子どもたち
《第12章》子どもと共にイエスに出会う
《第13章》神の天使

【著者紹介】レギーネ・シントラー
1935〜2013年。スイスの著名な児童文学者。日本キリスト教団出版局より、『希望への教育─子どもとキリスト教』(1992年)、『子どもと祝うキリスト教の祭り─希望への教育2』(1995年)が刊行されている。本書は、上記2冊の増補改訂版を原著とし、前半の13章を訳出したものである。初版は1977年に出版され、以後、時代と子どもを見つめる著者によって2度にわたる改訂が行われてきた。自ら5人の子どもを育ててきた著者が、生涯をかけて追い求めてきたテーマと言えるであろう。

【訳者紹介】深谷 潤(ふかや・じゅん)
1964年、福島県に生まれる。1988年、国際基督教大学教養学部卒業。1994年、国際基督教大学大学院教育学研究科満期退学。現在、西南学院大学人間科学部児童教育学科教授(教育哲学)。


“アルバイト募集”
100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます