日本キリスト教団出版局



ルカの救済思想

イーショップ教文館

ルカの救済思想

断絶から和解へ


木原 桂二:著

A5判 上製 306ページ

4,620円税込

ISBN978-4-8184-0830-2 C3016

2012年08月


放蕩息子は心を変えて、父親の元へ帰っていく。ザアカイはイエスと出会い、財産の半分を貧しい人に分けることを宣言する。本書は、こうしたルカ文書に特徴的な「改心」の物語を丹念に分析することを通して、それが神による「救い」とどのように関わっているかを解明する。


【目次】

序論

第Ⅰ部 ルカ文書における罪と改心に関する考察

  第1章 ルカ福音書における罪理解の考察
   第1節 問題の所在
   第2節 ルカ特殊資料の考察
1. 「ペテロの罪告白物語」(5:1−11)
2. 「ファリサイ派と徴税人の祈りの譬え話」(18:9−14)
3. 「徴税人の頭ザアカイの告白」(19:1−10)
4. 「失われた息子の譬え話」(15:11−32)
5. 「十字架につけられた犯罪人の罪告白」(23:39−43)
   第3節 編集されたテキストの考察
1. 「中風患者の癒しの物語」(5:17−26)
2. 「罪を赦されている女の物語」(7:36−50)
3. 「愛敵の教えと赦しの勧め」(6:27−37)
4. 「罪を犯した兄弟に対する赦しの勧め」(17:3b−4)
   第4節 結語 39

  第2章 使徒行伝における罪理解の考察
   第1節 問題の所在
   第2節 イエス殺害の罪に関する考察
1. 「聖霊降臨におけるペテロの説教」(2:38)
2. 「神殿におけるペテロの説教」(3:19)
3. 「ペテロと使徒たちの弁明」(5:31)
4. 「コルネリオの家におけるペテロの説教」(10:43)
5. 「ピシデヤのアンテオケにおける
       パウロの説教」(13:38)
   第3節 キリスト教徒迫害の罪に関する考察
   第4節 結語

  第3章 ルカ文書における改心に関するモティーフの考察
   第1節 「(神への)立ち帰り
        (επιστρεφειν)」に関する考察
1. 問題の所在
2. επιστρεφεινが単独で現れる用例
3. επιστρεφεινがメタノイアと関連している用例
4. 結語 69
   第2節 「信仰(πιστις / πιστευειν)」に関する考察
1. 「信仰(πιστις / πιστευειν)」がメタノイアに
       間接的に関連している用例
2. 「信仰(πιστις / πιστευειν)」がメタノイアに
       直接的に関連している用例
   第3節 「神の言葉を聴く(ακουειν τον λογον του θεου)」
        に関する考察
1. 神の言葉を聴く行為が改心を引き起こす用例
2. 神の言葉を聴く行為が他のキーワードによって
      拡大されている用例
3. 神の言葉を聴く行為の重要性を表す用例
   第4節 「聖霊(πνευμα αγιον)に関する考察
   第5節 「喜び(χαρα / χαιρειν)」と
       「共に喜ぶ(συγχαιρειν)」に関する考察
   第6節 「栄光(δοξα / δοξαζειν)」に関する考察
   第7節 「自分を義とする(δικαιωσαι εαυτον)」に関する考察
1. メタノイアを拒否する「義人(δικαιος)」が言及されている用例
2. 「自分を義とする(δικαιωσαι εαυτον)」者が批判されている用例
3. 自己認識の問題に言及している用例
4. 自己認識の転換に関して肯定的に言及している用例

第Ⅱ部 人間の改心を描いたテキストの釈義的考察

  第1章 μετανοιαの概念に関する考察
   第1節 問題の所在
   第2節 メタノイアの概念の考察
1. ギリシア的概念について
2. ヘブル的概念の考察
3. メタノイアの概念の整理
   第3節 結語

  第2章 神の裁きの保留とメタノイアの要請
   第1節 ルカ福音書13章1−9節
1. 問題の所在
2. 「裁きの警告とメタノイアの要請」(1−5節)
3. 「実のならないいちじくの木の譬え話」(6−9節)
4. 結語
   第2節 ルカ福音書10章13−16節
1. 「ガリラヤの町々への批判」の伝承史的問題
2. メタノイアについての考察
   第3節 ルカ福音書11章29−32節
1. 「ソロモンの知恵を聴いた南の女王と
       ヨナの説教で改心(メタノイア)した
       ニネベの人々のエピソード」の伝承史的問題
2. メタノイアについての考察

  第3章 メタノイアの「拒絶者」と「受容者」
   第1節 ルカ福音書5章27−39節
1. 問題の所在
2. 「イエスと徴税人レビの会食の物語」の
       伝承史的問題
3. メタノイアについての考察
4. 「義人」と「罪人」の対比
5. 「『断食問答』と『新しさに関する譬え話』」
6. 結語
   第2節 ルカ福音書15章1−10節
1. 問題の所在
2. 「失われた羊の譬え話」(4−7節)
3. 「失われた銀貨の譬え話」(8−10節)
4. 結語
   第3節 ルカ福音書15章11−32節
1. 問題の所在
2. 「失われた息子の譬え話」(15:11−32)
3. 結語
   第4節 ルカ福音書16章19−31節
1. 問題の所在
2. 「金持ちとラザロの譬え話」(16:19−31)
3. 結語

  第4章 行為としての改心
   第1節 ルカ福音書7章36−50節
1. 問題の所在
2. 「罪を赦されている女の物語」の
       伝承史的問題
3. 改心的行為についての考察
4. 結語
   第2節 ルカ福音書19章1−10節
1. 問題の所在
2. ザアカイに与えられた称号
3. 「徴税人の頭ザアカイの物語」における
       改心的行為についての考察
4. 結語
   第3節 ルカ福音書10章25−37節
1. 問題の所在
2. 「よきサマリヤ人の譬え話」における
       改心的行為についての考察
3. 結語

結論
文献/初出一覧/あとがき/一次文献索引/事項索引


▶▶『本のひろば』2013年1月号で書評が掲載されました!


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます