(1)日本語で書き下ろされており、読みやすい

宗教改革は、聖書を民衆に「分かる」言葉に翻訳しました。その精神に倣って本シリーズは、
初めから日本語で考える研究者たちが書き下ろし、読者に分かりやすい注解を目指します。
執筆陣も、教派上の立場にとらわれず構成されています。

(2)原典の文書・文体・文法・語彙の特徴がわかる

聖書は、もともと私たちとは言語と文化を異にする環境で生まれました。この聖書との間
に、意味理解をめぐる豊かな対話の場を感じることが、聖書を読む醍醐味の始まりです。
本シリーズは、原典本文がもっている「異質さ」の手触りを伝えます。

(3)聖書各書の歴史的・文化的・社会的背景がわかる

歴史的な文書である聖書の成立背景や、当時の読者たちについて知ることは、適切な聖書
理解に不可欠です。本シリーズは、最新の研究成果をコンパクトに伝えます。

(4)先入観に支配されず、聖書が提起している問題を理解できる

キリスト教徒も一般読者も、それぞれの先入観をもって聖書を読みます。それは理解の出
発点ですがゴールではありません。本シリーズは、現代人の予想を超える聖書の豊かな問
いかけに注目します。

(5)聖書の理解を通して、現代社会への深い洞察を得ることができる

聖書が新しい時代を拓くのは、その使信によって、読者が新しい光のもとで自らを理解で
きるようになるからです。本シリーズは、たんなる歴史的な解説の域を超えて、現代社会
に生きる私たちの根本問題に切り込むことを目指します。