日本キリスト教団出版局

ルターの「95か条の論題」から2017年で500年

宗教改革が何をもたらし、今のわたしたちといかに関わっているのか。
この記念の節目にあらためて思いをめぐらしたいと願い、
当出版局では新刊書籍と雑誌とで様々な観点から宗教改革を取り上げ、
これらの本を対象とした読者プレゼントキャンペーンを開催いたします。
1年を通して宗教改革について学びながら、点数を集めて賞品を入手しましょう!

キャンペーン概要

宗教改革を取り上げた新刊書籍8点雑誌7点についている応募マークを
集めると、点数に応じた金額の図書カードがもれなくもらえます!
宗教改革の理解を深めながら、めざせ500点!

応募賞品

応募について
応募マークは、対象書籍の帯の折り返し部分と対象雑誌の誌面に点数とともに印刷されています。各コースの応募に必要な点数を集めて、専用の台紙ハガキまたは郵便ハガキに貼り付け、必要事項(お名前・お電話番号・ご住所・応募コース・合計点数)をご記入の上、下記までお申し込みください。台紙ハガキは2017年6月以降の新刊に挟み込まれています。

【お申し込み先】
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目3-18
日本キリスト教団出版局 『宗教改革500年記念キャンペーン』担当 行

※応募マークの複製は無効です。複製が確認された応募は、応募自体が無効となります。
※1回の応募につき、1つのコースに応募できます。
※図書カードはお申し込み受理後、2ヶ月以内に送付いたします。
 

↑応募マーク見本↑
ご参加方法

応募受付期間

第1期/2017年 7月1日(土)~10月31日(火)
第2期/2018年 1月1日(月)~10月31日(水)

対象書籍
シリーズ わたしたちと宗教改革 全5巻

監修 出村 彰/大住雄一

宗教改革者が見出した光によって、現代の教会と信仰を照らす!
新シリーズ2017年6月刊行開始!
第1巻 歴史
わたしたちは今どこに立つのか

藤本 満:著

1517年に始まった宗教改革のうねりは、ヨーロッパ全土、そしてイングランドを刷新し、アメリカへと伝わった。さらに遠く日本へと、宣教師がその信仰をもたらした。現代日本に至るまで、プロテスタント信仰がたどった遥かな旅を描く、画期的な宗教改革史。

●A5判 並製・256頁・2,592円税込(本体2,400円)

60点

▶2017年6月30日
刊行予定


第2巻 聖書
神の言葉をどのように聴くのか

大住雄一:著

「聖書のみ」と改革者は言い切った。それは「聖書のみに、神の声を聴く」という信仰の宣言である。「律法と福音」「聖書と説教」「近代の合理主義と聖書」など、いくつかの切り口を通して、「聖書のみ」というプロテスタント原理が有する豊かな意味を明らかにする。

●A5判 並製・120頁・1,512円税込(本体1,400円)

60点

▶2017年6月21日
刊行予定


第3巻 宗教改革の本質
どうしたら人は救われるのか

鈴木 浩:著

宗教改革は16世紀のヨーロッパを激しく揺り動かした出来事である。その影響は多面的であったが、究極的な争点は「義認の教理」にあった。

●A5判 並製

60点

▶2017年度後半
刊行予定


第4巻 礼拝・讃美歌
新しい歌を主に向かって歌おう

菊地純子:著

礼拝は聖書の時代以来「ことばの世界」と「音の世界」の両輪があった。宗教改革に焦点をあてつつ礼拝の歴史をたどり、私たちの「常識」を問う。

●A5判 並製

60点

▶2017年度後半
刊行予定


第5巻 教理問答・信仰告白・教会規則
教会の形をどのように決めるのか

菊地信光:著

「信仰のみ、恵みのみ」の教理は、具体的には教会の制度の中で実を結ぶ。福音の自由と教会の秩序の問題を、現代に向けて改めて問い返す。

●A5判 並製

60点

▶2018年度前半
刊行予定


宗教改革と現代の信仰

倉松 功:著

日本ルター学会元理事長が、「恵みのみ、信仰のみ」「万人祭司」などルターの宗教改革の基本から、宗教改革を支えた信仰と神学が人権思想や教育など現代社会に与えた影響を解き明かす。

●四六判 並製・112頁・1,620円税込(本体1,500円)

40点

▶2017年6月5日
刊行


ルターと賛美歌

徳善義和:著

「賛美歌」はルターから始まった。ルター研究の第一人者がルター作詞の多彩な賛美歌の全訳とメロディ、それらの賛美歌が作られた背景を解説する。賛美歌から見る宗教改革。

●四六判 並製・250頁・2,592円税込(本体2,400円)

60点

▶2017年7月
刊行予定


ルターから今を考える
宗教改革500年の記憶と想起

小田部進一:著

宗教改革者ルターの行ったことをどのように想起するのか。ルターゆかりの町々を写真・図版を交えて紹介し、その生涯と思想を追いながら、今につながる課題を見据える。

●A5判 並製・258頁・2,700円税込(本体2,500円)

60点

▶好評発売中

※ご注意

上記書籍のみ、帯のマークに点数表記、切り取り線がございません。
帯の表紙側に印刷されている左のマークを貼り付けて、60点で換算してご応募ください。
なお、現物の貼り付けをもって有効となりますので、帯を紛失された場合は、大変恐れ入りますが点数として換算することは出来ません。ご了承ください。

対象雑誌
信徒の友 2017年9月号
特集/宗教改革Ⅰ

ルターにスポットを当て、その人となり、主張をビジュアルに解説しつつ、私たちの今につながるものは何であるかを概観する。

●B5判・586円税込(本体543円)

20点

▶2017年
8月10日発行


信徒の友 2017年10月号
特集/宗教改革Ⅱ

宗教改革の前と後で「教会」がどう変わったのか。それによって信徒の信仰生活はどう変わったのか、キリスト教の今を考える。

●B5判・586円税込(本体543円)

20点

▶2017年
9月10日発行


季刊 教師の友 2017年7,8,9月号
特集/〈夏のプログラム〉宗教改革を体験しよう

ルターの生涯や宗教改革の歴史と全体像をたどった上で、子どもたちがいきいきと参与できるような礼拝のアイデアを紹介。

●B5判・1,650円税込(本体1,528円)

▶︎応募マーク記載箇所:78ページ右下(広告ページ内)

40点

▶2017年
5月11日発行


礼拝と音楽 175号
特集/宗教改革(仮)

宗教改革およびカトリック教会の改革運動における礼拝と音楽について、エキュメニカルな視点で紹介する。

●B5判・1,473円税込(本体1,364円)

40点

▶2017年
10月11日発行


説教黙想アレテイア 97号

徳善義和の巻頭論考「説教者ルター」を収録。ルターの宗教改革的福音理解の表出である彼の説教の特徴を明らかにする。

●B5判・1,903円税込(本体1,762円)

▶︎応募マーク記載箇所:88ページ右下(広告ページ内)

40点

▶2017年
6月12日発行


説教黙想アレテイア 98号

芳賀 力の巻頭論考を収録。日本の牧師にとってルター、カルヴァンらのプロテスタント改革はどのような意味を持つのか。

●B5判・1,903円税込(本体1,762円)

40点

▶2017年
9月11日発行


説教黙想アレテイア 99号

加藤常昭の巻頭論考を収録。実践神学とルター、特に牧会学におけるルターの福音理解の影響を焦点とする。

●B5判・1,903円税込(本体1,762円)

40点

▶2017年
12月11日発行


応募マーク貼り付け台紙

下の画像をクリックしていただくと、応募マーク貼り付け台紙をPDFで開きます。
PDFをダウンロードの上、郵便ハガキの白い面に貼り付けてお用いください。

※下の画像をクリックでPDFにて本キャンペーンのカタログをご覧いただけます。

     

※ご応募いただく内容は、本キャンペーンに関わる範囲内で適切に使用し、それ以外の用途に用いることはありません。

100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2017
結果が発表されました!

大賞『聖書人物おもしろ図鑑 新約編』
第04位『そうか!なるほど!!キリスト教』
第07位『三浦綾子366のことば』
第10位『10代のキミへ』
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます