日本キリスト教団出版局

お問い合わせ

こころの友 2005年 1月号


『こころの友 2005年 1月号』

月刊 タブロイド判 <発売>12月10日  33円税込

光の芸術に引き込まれて


 今野満利子さんはステンドグラス作家です。美術大学を卒業し、図画工作の先生に。クリスマス前、生徒と一緒に作ったステンドグラス風の紙飾りを、廊下の窓ガラスにはり出しました。その美しさに心を奪われたことが、この道を志すきっかけになったのです……。
 フランスに留学し、ステンドグラスについて基礎の基礎から学び始めました。さらに時間をつくっては、ステンドグラスを求めて、ヨーロッパ中の教会や美術館を巡り歩きました。
 どうしたらこんなにすばらしい作品が作れるのだろう。
 気に入った作品はすっかり模写しました。「先人の手の跡を辿ると、この作家はこういう光の効果を狙って、この技法を使ったということがわかってきます。表現する喜びさえ時を超えて伝わってくる。その奥深さに、引き込まれていきました」。

【連載】
○ メッセージ
○ 言葉とことば  細川正義
○ あまりの映画館  林あまり
○ よくわかるかもしれないキリスト教  辻 順子
○ 出会いの中から  白井徳満
○ 心に光が射したとき
○ 四季の旅びと  茂 洋
○ こころの本棚  小島誠志


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます