日本キリスト教団出版局



深みとのめぐりあい

イーショップ教文館


押田成人著作選集1 全3巻《第1回配本》

深みとのめぐりあい

高森草庵の誕生


押田成人:著
宮本久雄:編 石井智恵美:編

四六判 並製 252ページ

2,970円税込

ISBN978-4-8184-1053-4 C0016

2020年01月


現代文明に警鐘を鳴らし、信州に祈りの共同体「高森草庵」を創った押田成人神父の著作選集


九死に一生を得てドミニコ修道会に入会するまで、カナダでの神秘的な出会いや経験、高森草庵における生活をたどる。日本的霊性に根ざす歩み、まことを求めてゆく足取りが語られる。観念的・理念的なものではなく根源的なことを表す「コトことば」に関するエッセイも収録。

【目次】

刊行によせて(宮本久雄、石井智恵美)

一 胎動
師に導かれて
老いゆく道の美しさ
生きている神秘伝承
別世界の人──タルト師
赤誠をもって神にこたえる
馬鹿者
不思議な窓
わすれなぐさ
雪と星
こもり火
日本文化の根、縄文文化との出会い
神様に直属する土地を
先住者
道すがら
かけがえのないもの
「高森草庵 覚え書」
《エッセイ》 押田成人神父さん(宮本久雄)
《エッセイ》 聖地高森草庵(葛西 實)
西の海の旅から
《コラム》 押田神父とキリシタン(宮本久雄)

二 高森草庵といのちの泉
泉のほとり
山の藍
まごころと故郷
彼岸の声
萱屋根の遺訓
江戸っ子
泉といのちを守る
日本、残ります
『藍の水』再版のあとがき
指導集団が情念に走るとき
まず、無心になること

三 コトことば
理念ことばとコトことば
にわとりの三本目の足、観念ことば
意味ことばから存在ことばヘ
存在の響き、コトことば
コトことばは一回かぎりの事件
コトことばは存在の声
コトことばは意識以前の存在世界
コトことばと出会うには
コトは手なり
ことほぎ
遠いまなざしと〝気〟の話
日本に生きる祈り
こおろぎの空間─祈りとは何か
「高森草庵の祈り」

《寄稿エッセイ》 押田成人神父を偲ぶ(加藤信朗)
《寄稿エッセイ》 押田神父さまと高森草庵のこと(さくまゆみこ)

解題 深い沈黙の響き(石井智恵美)

【著者紹介】押田成人(おしだ・しげと)
1922-2003年。カトリック・ドミニコ修道会司祭。1963年、信州に「高森草庵」を結び、農耕生活の傍ら、祈りと思索の日々を送る。世界各国の精神的指導者たちと対話し、諸宗教の枠組みを超えた「地下流の霊性」を編んでゆく。著書・訳書に『ばらのまどい』『遠いまなざし』、ヨハネ福音書の翻訳『漁師の告白』(いずれも思草庵刊)など。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます