日本キリスト教団出版局



子どもとつむぐものがたり

子どもとつむぐものがたり

プレイセラピーの現場から


小嶋リベカ:著

四六判 並製 152ページ

1,620円税込

ISBN978-4-8184-1016-9 C0016

2018年11月


『教師の友』連載を単行本化、苦境にある子どもたちを支える働きとは


「遊び」という表現手段を通して、困難な思いを抱える子どもを支援する「プレイセラピスト」。親と死別した子どもたちや、親ががんになった子どもたちと出会ってきた専門家が、いかにして子どもに寄り添い、支えるかを、具体的なエピソードを紹介しつつ記す。

【目次】
はじめに プレイセラピーという仕事と私

第Ⅰ部 プレイセラピーの現場から 
 心がけていること 
  あそぶこと 
  聴くこと 語りかけること 
  気に留めること 
  共に在ること 
 乳幼児と親のコミュニケーション
  五感すべてを使って 
  親子遊びで共鳴する 
  ふわふわさんとチクチクさん 
 年代別に
  ココロのヒカリ ……四〜六歳頃 
  ずっと笑わせておくと疲れてしまう ……七〜九歳頃 
  すべての瞬間に、「大切」が宿ってる ……十〜十二歳頃 
  いちばん大切なことは…… ……中学生 
 変化の中で
  誰にとっての「あたりまえ」? ……生活環境 
  お面の下にある感情 ……友人関係 
  自分にはどうにもならないことは、どうしたらいいの? ……家族関係 
  同じです あなたとわたしの 大切さ ……おとなの側の揺らぎ 

第Ⅱ部 子どもとつながるために知っておきたいこと
    ─子どもとのコミュニケーションと寄り添う姿勢

第Ⅲ部 対談 点は線になる 小嶋リベカ・平野克己 

おわりに 身体の傷にはバンソウコウ、心のきずにも? 

   あとがき

【著者紹介】小嶋リベカ(こじま・りべか)
1972年生まれ。英国ローハンプトン大学大学院プレイセラピーコース修了。British Association of Play Therapists 認定プレイセラピスト、臨床心理士。現在、国立がん研究センター中央病院緩和医療科に勤務。
共著:『がんの親をもつ子どもたちをサポートする本』(青海社)など。
訳書:『でっかいでっかいモヤモヤ袋』(そうえん社)、『ぼくができること』(同)。


“アルバイト募集”
100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2018
結果が発表されました!

第2位『主日礼拝の祈り』
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます