日本キリスト教団出版局



教会はイザヤ書をいかに解釈してきたか

イーショップ教文館


教会はイザヤ書をいかに解釈してきたか

七十人訳から現代まで


B.S.チャイルズ:著
田中光:訳  宮嵜薫:訳  矢田洋子:訳

A5判 上製 506ページ

7,344円税込

ISBN978-4-8184-1007-7 C3016

2018年12月


聖書の正典的研究で知られる著者による、旧約理解を深める名著


旧約解釈史、それは教会の苦闘の軌跡である。現代まで続く果てない苦闘の内に、人間の声と神の声は絡み合い、そして旧約聖書そのものが語り出す。イザヤ書を中心に、2000年にわたる旧約解釈の歴史をたどりつつ、個々の解釈者を、あまり光を当てられてこなかった人物も含めて公平に論評する。

▶︎チラシがあります

【目次】
第1章  ヘブライ語聖書の初期の受容─七十人訳聖書と新約聖書 
第2章  殉教者ユスティノス
第3章  エイレナイオス
第4章  アレクサンドリアのクレメンス
第5章  オリゲネス
第6章  カイサリアのエウセビオス
第7章  ヒエロニムス
第8章  ヨアンネス・クリュソストモス
第9章  アレクサンドリアのキュリロス
第10章 キュロスのテオドレトス
第11章 トマス・アクィナス
第12章 リールのニコラス
第13章 マルティン・ルター
第14章 ジャン・カルヴァン
第15章 17-18世紀の解釈者たち
第16章 19世紀と20世紀
第17章 ポストモダンの解釈
第18章 解釈学的結論

【著者紹介】
B・S・チャイルズ
1923年サウスカロライナ州に生まれる。プリンストン神学大学、バーゼル大学に学び、1958年から1999年までイェール大学旧約聖書学教授。聖書の正典的研究で広く知られる。主な著書に『聖典としての旧約聖書入門』(1979)、『正典としての新約聖書入門』(1984)、『旧約・新約聖書神学』(1992)、『イザヤ書注解』(2001)がある。2007年没。

【訳者紹介】
田中 光(たなか・ひかる)
東北学院大学文学部キリスト教学科卒業、東京神学大学大学院修士課程修了、トロント大学ウィクリフカレッジ(カナダ)修士課程(ThM)修了、東京神学大学大学院博士課程単位取得退学。神学博士。日本基督教団伊東教会伝道師を経て、現在、東京神学大学助教、日本基督教団自由が丘教会牧師。

宮嵜 薫(みやざき・かおる)
東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒。東京神学大学神学部卒業、同大学院神学研究科博士課程前期課程修了、同大学院博士課程後期課程在籍中。現在、日本基督教団国立教会牧師。訳書に、W .ブルッゲマン著『平和とは何か─聖書と教会のヴィジョン』(共訳、教文館、2018)。

矢田洋子(やだ・ようこ)
国際基督教大学教養学部卒業、東京都立大学理学研究科博士課程修了、博士(理学)、東京神学大学神学部・同大学院神学研究科博士課程前期課程修了、同後期課程単位取得満期退学。日本基督教団正教師。現在、日本基督教団吉祥寺教会担任牧師。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2018
結果が発表されました!

第2位『主日礼拝の祈り』
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます