日本キリスト教団出版局



ルターと賛美歌

イーショップ教文館


ルターと賛美歌


徳善義和:著

四六判 並製 250ページ

2,592円税込

ISBN978-4-8184-0971-2 C0073

2017年07月


宗教改革者ルターの神学を、ルターが作った賛美歌を通して解説する


ルターは多くの賛美歌を作り「歌う人」でもあった。賛美歌は説教への会衆の応答であり、神のことばの説教でもあるとして、礼拝に会衆賛美を導入したのはルターであった。ルターが作った賛美歌を現代語訳とともに紹介、作られた背景、込められたルターの神学を解説する。『礼拝と音楽』連載に新たに16曲の楽譜と翻訳を加えて単行本化。

★宗教改革500年記念 読者プレゼントキャンペーン対象書籍
 60点応募マーク記載箇所:おびの表紙側折り返し部分



【目次】

1 宗教改革の会衆賛美歌(コラール)始まる
  「今来てください、異邦人の救い主よ」
2 信仰改革は礼拝改革へ具体化
  「誉め讃えられよ、イエス・キリストよ」
3 ルターの詩編歌
  「深い悩みから私はあなたに叫ぶ」(詩編130編)
  「神がわれわれに対し恵み深く」
4 信仰の殉教バラード
  「新しい歌をわれわれは始める」
5 主の復活を歌う
  「キリストは死の布に横たわった」
6 聖霊を祈願する教会
  「来てください、造り主である神、聖霊よ」
  「来てください、聖霊、主なる神よ」
7 キリストと教会を歌う
  「今喜べ、愛するキリスト教会よ」
8 教皇もトルコも
  「われわれに恵み深く平和を与えてください」
  「われわれを支えてください、主よ、みことばのもとに」
9 人間の不安と神への信頼─四面楚歌の中での慰めの歌
  「われわれの神こそ堅い砦」
10 カテキズムの学びにも賛美歌 ①十戒
  「これこそ聖なる十戒」
11 カテキズムの学びにも賛美歌 ②使徒信条と主の祈り
  「われわれはみなひとりの神を信じる」
  「天のみ国におられるわれわれの父よ」
12 カテキズムの学びにも賛美歌 ③洗礼と聖餐
  「キリスト、われわれの主はヨルダンに来た」
  「イエス・キリスト、われわれの救い主」
13 子どもと歌うクリスマスの歌
   ─喜びのクリスマス、悲しみの中のクリスマス
  「空高くから私は来ました」
  「天からみ使いの群れが来て」
14 生と死を生きる信仰
   ─死のただ中で生かされている信仰から
  「生のただ中にあってわれわれは」
  「平安と喜びをもって私は行きます」
15 ラテン語四声のモテット─福音を語り続ける
  「死なない、生きて語ろう、主のみわざを」

あとがき
参考資料 本文中で取り上げなかったルターの賛美歌

【著者紹介】徳善義和(とくぜん・よしかず)
1932年東京に生まれる。東京大学工学部卒、立教大学大学院博士後期課程中退。日本ルーテル神学校卒、日本福音ルーテル教会牧師。ハンブルク大学とハイデルベルク大学神学部留学。神学博士(名誉、アメリカ、ワルトブルク神学大学院)。ルーテル学院大学/日本ルーテル神学校で38年教授、現在名誉教授。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2017
結果が発表されました!

大賞『聖書人物おもしろ図鑑 新約編』
第04位『そうか!なるほど!!キリスト教』
第07位『三浦綾子366のことば』
第10位『10代のキミへ』
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます