日本キリスト教団出版局



宗教改革と現代の信仰

イーショップ教文館


宗教改革と現代の信仰


倉松功:著

四六判 並製 112ページ

1,620円税込

ISBN978-4-8184-0967-5 C1016

2017年06月


宗教改革500年、ルターの宗教改革の精神と私たちの信仰とのつながりを説き起こす


日本ルター学会元理事長が、「恵みのみ、信仰のみ」「万人祭司」などのルターの宗教改革の基本から、宗教改革を支えた信仰と神学が、のちのバルメン宣言やドイツ憲法、人権思想や教育など現代社会に与えた影響を解き明かす。

★宗教改革500年記念 読者プレゼントキャンペーン対象書籍
 40点応募マーク記載箇所:おびの表紙側折り返し部分



【目次】

〔1〕宗教改革の宗教──はじめに/なぜ宗教改革と呼ばれているか/宗教改革の宗教/聖書と伝統
〔2〕恵みのみ、信仰のみ──恵み/恵みとしての信仰/今一つの恵み
〔3〕万人祭司──万人祭司とは/万人祭司と教職/現代
〔4〕教 会──教会の二重性/各個教会の形成/聖餐の理解
〔5〕イスラム教──資料/考察
〔6〕ルターにおける人権──創造の賜物としての人権/キリストの救いの賜物としての自由と平等
〔7〕キリスト教学校──教育の意味 救済史的役割/親の教育優先権/教育の目的とキリスト教学校
〔8〕ミュンツァーと農民戦争──選民契約団と農民戦争/ルターとミュンツァーの神学的対比
〔9〕ルターとバルメン宣言──はじめに/バルメン宣言の内容
〔10〕ルターとボンヘファー──ルターとの類似性/ルターとの相違点
〔11〕ルターとドイツ憲法──基本法の思想構造、人間の尊厳と基本的人権/ルターの人権論/親の教育優先権と宗教教育 基本法第六条、第七条
〔12〕総 括──あとがき

【著者紹介】倉松 功(くらまつ・いさお)
1928年高知県生まれ。高知高等学校卒、日本基督教神学専門学校卒業。ハイデルベルク大学神学部に留学。日本基督教団東京信濃町教会伝道師、東北学院大学助教授、教授。1975年「ルターにおける二世界統治説の研究」で広島大学文学博士。1999年東北学院大学長、東北学院学院長。2004年名誉教授。日本ルター学会理事長、日本基督教学会理事長を歴任。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2017
出版局からは4作ノミネート!

『聖書人物おもしろ図鑑 新約編』
『三浦綾子366のことば』
『そうか!なるほど!!キリスト教』
『10代のキミへ』
この4作を含む10作から大賞を選定!
大賞発表は8月予定! お楽しみに!
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます