日本キリスト教団出版局



がん哲学外来で処方箋を

イーショップ教文館


TOMOセレクト

がん哲学外来で処方箋を

カフェと出会った24人


樋野興夫:編著

四六判 並製 160ページ

1,620円税込

ISBN978-4-8184-0941-5 C0095

2016年05月


2014─15年度『信徒の友』連載「シリーズ がんと生きる」を単行本化


がん専門の病理医である著者が提唱した「がん哲学外来」。がん学と人間学を合わせ、医療現場と患者の間の「隙間」を埋めるこの試みは、共感が共感を呼び、全国的な広がりを見せている。この外来と出会い、「言葉の処方箋」を得た24人が語る自分のこと。

★チラシはこちら

【目次】

はじめに─がん哲学外来の目指すこと

第1部 がん哲学外来メディカルカフェのこと……樋野興夫
 島根の小さな村から 医師の道へ
 五人の先人たちから継承したもの
 「天寿がん」の時代を目指す
 中皮腫との関わりから人との関わりへ
 対話する医療からメディカルタウンへ
 「傾聴」から「対話」へ
 がんと宣告されても
 がん哲学から人生を考える
 to doではなくto beの思想
 教会をがん患者の受け皿に
 死ぬという大切な仕事

第2部 がん哲学外来メディカルカフェと出会って
 がんになって信仰に立ち返った私……前川知恵子
 「魂の叫びのケア」に用いられて……高野圀昭
 がんになって再発見 コミュニケーションの大切さ……高橋直美
 受洗2日後に「がん」と告知されて……嶋田弥生
 宗教が漂白された日本で生きる指針……酒井章行
 患者としてではなく「私自身」として生きる……小池 善
 悲しみがあるから心は豊かに……大弥佳寿子
 解決はできなくても解消はできる……上杉有希
 残された時間、夫婦で宴を……野田真弓
 看護師として得たトリプルの力……安楽よう子
 がんの優先順位を下げる……小林真弓
 老いに寄り添い、がんと連れ添う……豊田敬二
 良い師、良い仲間、良い言葉に恵まれて……清水津江子
 がんの順位を下げて老春を謳歌……小林教男
 周囲のやさしさに助けられて……角田万木
 がん細胞からあふれ出た愛……沼田千賀子
 医療者と患者の隙間を埋めたい……堀場優樹
 言えない気持ち 聞けない気持ち……楠 章子
 受け入れる冷静さと勇気を……平林かおる
 看護師の目と患者としての思いと……二上祐子
 私はここにいます!……秋山美奈子
 自分の生き方の見直しを……穂積修司
 私はどうしたいのかを問われて……長久あずさ
 信仰が与えられていたことの恵み……杉本美江

あとがき


【編著者紹介】樋野興夫(ひの おきお)
1954年島根県生まれ。米国アルバート・アインシュタイン大学、フォックスチェイスがんセンター、がん研究所実験病理部部長等を経て、順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士。2008年「がん哲学外来」を開設。

★『信徒の友』2016年4月号からは、「シリーズ がんと生きる」3年目として、「がん哲学外来レポート メディカルカフェスタッフ体験記」を連載中!
 ▶『信徒の友』最新号のページへ


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます