日本キリスト教団出版局



祈り

イーショップ教文館


祈り

こころを高くあげよう


渡辺正男:著

四六判 並製 112ページ

1,210円税込

ISBN978-4-8184-0927-9 C0016

2015年07月


『信徒の友』2012〜14年度掲載の巻頭の「祈り」を単行本化


さまざまな状況や心境において、また教会暦に基づいて、著者ならではのやさしい言葉づかいで捧げられる祈りが、読む者に気づきと慰めを与える40編。祈りとは何か、いかに祈り続けるかを長い牧会経験に基づいて丁寧に説き明かす「祈りの生活のすすめ」も収録。祈り始めたい方への贈り物にも最適。

【目次】

第1章 教会暦の恵み
 《アドヴェント》クリスマスを待ち望みつつ
 《クリスマス》輝く救いの光/御心の地にもなるように
 《レント》東日本大震災を覚えて/自分の十字架を負って
 《イースター》赦されて生きる/重い心を抱えつつも
 《ペンテコステ》窓を開けよう/聖霊に押し出される

第2章 望み新たに
 信仰の目を凝らし 新しい年を
 望み新たに歩ませてください
 新緑の中 精いっぱい生きたい
 眠れない夜に
 病を得て
 小さな喜びを見つけて
 夕映えの中で

第3章 支え合って
 ひとり御前に座し
 主イエスの背を見ながら
 不安が募るけれど
 支え合って生きよう
 祈ることを教えてください
 関わる勇気をください
 友を身許に送りました
 「祈ってほしい」と求められて
 祈りを続けさせてください

第4章 教会に生きる
 教会に生きる喜び
 私も福音を伝えたい
 からだ全体で賛美します
 子どもたちをお守りください
 高齢者に居場所を
 教会墓地の前で
 献金の祈り
 愛する教会を覚えて

第5章 世のために
 外に目を向けよう
 この世界は神が造られたもの
 あなたを畏れる者として
 為政者のために
 平和を求めて
 あの戦争の悲惨さを忘れずに
 隣国との和解に向けて

祈りの生活のすすめ─あとがきにかえて


【著者紹介】渡辺正男(わたなべ・まさお)
1937年生まれ。国際基督教大学中退。農村伝道神学校卒。南インド合同神学大学卒。米国・プリンストン神学院修了(M.Th)。農村伝道神学校教師、日本基督教団玉川教会、函館教会、国分寺教会、青森戸山教会、南房教会の牧師を経て2009年引退。現在、ハンセン病療養所多磨全生園の秋津教会と、「にじのいえ信愛荘」の礼拝説教を定期的に担当している。著書に『新たな旅立ちに向かう』、共著に『牧師とは何か』(共に日本キリスト教団出版局)他。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます