日本キリスト教団出版局



ノアのはこぶね

イーショップ教文館

リトルベル

ノアのはこぶね


ナニー・ホグロギアン:作
藤本朝巳:訳

A4変型 上製 32ページ

1,512円税込

ISBN978-4-8184-0922-4 C8716

2015年06月


コールデコット賞受賞絵本作家があたたかな色彩で描くノアの世界


神さまは天地をつくられました。動物も人も地上に満ちあふれますが、人は悪いことをするばかり。心を痛められた神さまは、ノアにはこぶねをつくり、すべてのいきものを一つがいずつ入れるよう命じます。すると神さまが語られたとおり、雨がふりはじめ……。
聖書テキストに忠実に描かれた本作は、聖書への入り口として最適。神さまを身近に感じることだろう。

▶チラシをご覧ください。


【推薦のことば】

梅雨期が近づいてきましたので、幼稚園で全園児を集めてノアのはこぶねの話をしました。手もとに適当な本がないので、園庭のオリーブの枝から細長い葉をとってきて、それを見せながら雨と舟とハトと、そしてオリーブの葉の話をしました。200人以上の子どもたちがしんと聞いてくれました。それが終って数日後、この美しい大判の本が出版されました。動物たちの表情の明るいこと。記述が聖書にまったく忠実でうれしくなりました。はこぶねの設計図まであります。近いうちに、今度はこの本を手に、読み聞かせをしてやりましょう。そうすると幼児たちはノアの洪水を今現在のこととして感じ、神さまの愛をしっかり感ずることでしょう。

小塩 節(おしお・たかし)
東京杉並・ひこばえ幼稚園園長


【作者紹介】ナニー・ホグロギアン Nonny Hogrogian
絵本作家。1932年、アメリカ生まれ。画家である両親はアララト山の近く、アルメニアの出身。アメリカでもっともすぐれた絵本に対して送られるコールデコット賞を2度も受賞している。日本でも同賞受賞作『きょうはよいてんき』(ほるぷ出版)、『リベックじいさんのなしの木』(フォンターネ文、岩波書店)、『にんじんケーキ』(評論社)など、多数の作品が紹介されている。

【訳者紹介】藤本朝巳(ふじもと・ともみ)
青山学院大学英米文学科卒業、フェリス女学院大学文学部教授。日本イギリス児童文学会事務長、JBBY(日本国際児童図書評議会)理事などを歴任。著書に『絵本のしくみを考える』(日本エディタースクール出版部)、訳書に『リベックじいさんのなしの木』(岩波書店)、『リンゴのたび』(小峰書店)、『クリスマスものがたり』『たいようもつきも フランチェスコのうた』(日本キリスト教団出版局)などがある。


“アルバイト募集”
100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます