日本キリスト教団出版局



十字架とリンチの木
イーショップ教文館

十字架とリンチの木


ジェイムズ・H.コーン:著  梶原 壽:訳

A5判 上製 306ページ

4,104円税込

ISBN978-4-8184-0882-1 C0022

2014年04月


キリスト者に対し、人種・民族差別に抵抗するための助けを与える書


米国南部で「リンチの木」に吊るされた何千もの黒人は、繰り返し十字架につけられたイエスそのものであった。リンチの歴史的傷を癒すための対話の端緒であり、あらゆる人種・民族差別に抵抗するすべを探る、黒人神学の先駆者の「全著作の継続であり完成点」。


【目次】


感謝の言葉/はじめに


第一章 「誰も私の見ている悩みを知る者はいない」─黒人経験における十字架とリンチの木


第二章 「十字架の恐るべき美」とリンチの木の悲劇─ラインホールド・ニーバーについての考察


第三章 十字架を担うこととリンチの木を見つめること─マーティン・ルーサー・キング二世のアメリカの魂を贖う闘い


第四章 黒人文学の想像力における再び十字架につけられたキリスト


第五章 「ああ、メリーよ、もう泣くな」


むすび 十字架とリンチの木の遺産


注記/訳者あとがき/索引


【著者紹介】ジェイムズ・ハル・コーン(James Hal Cone)


米国の黒人解放神学者。1938年アーカンソー州フォーダイスに生まれ、人種隔離政策の中で成長、公民権運動の影響を受ける。フィランダー・スミス・カレッジ、ギャレット神学校、ノースウェスタン大学(M.A.およびPh.D.)に学ぶ。1969年よりニューヨーク・ユニオン神学校で組織神学を教える(ラインホールド・ニーバーの後任)。73年より教授、77年よりチャールズ・ブリッグズ記念教授、87年より同名誉教授となり現在に至る。


【訳者紹介】梶原 壽(かじわら・ひさし)


1932年山梨県生まれ。名古屋学院大学学長、理事長を経て、現在同大学名誉教授。日本M.L.キング研究会幹事。社会福祉法人「愛知いのちの電話協会」評議員を経て現在養成委員メンバー。2010年瑞宝中綬章受章。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます