日本キリスト教団出版局



批評としての旧約学
イーショップ教文館

並木浩一著作集《第2回配本》

批評としての旧約学


並木 浩一:著

A5判 上製 350ページ

4,320円税込

ISBN978-4-8184-0866-1 C3016

2013年12月


日本を代表する旧約学者の集大成、旧約聖書が今語りかけるものとは


並木浩一の旧約学研究はなぜこんなに「面白い」のか。それは、聖書を生み出した人々の生活と思想に向けて「想像力」を馳せることで、旧約テキストの本質と全体をつかみ取ろうとするからである。第2巻は並木のこの方法論を「批評」と把握し、半世紀に及ぶ仕事を顧みる。

♦目次♦
第一部 文化創造に向けて
1 つねにチャレンジャーでありたい
─旧約学徒としての歩みと考え方

2 初期イスラエルにおける契約の理解─方法論的考察と試論
3 法・権利・正義・義
─異文化の文脈に聖書の法的概念を移すために

4 文化と文明

第二部 他者への想像力
1 人は想像力なしには生きられない
2 アモスのイメージ
3 ゲルハルト・フォン・ラートの神学的自己形成と
『創世記註解』

4 ヘッシェルの預言者論に寄せて
5 ヨブ記からの問いかけ
6 ヨブ詩人の後継者、マルガレーテ・ズースマン

第三部 人間への眼差し
1 ダビデ その生き方と時代
2 旧約聖書における女性
3 旧約聖書における身体性
4 人間の自由と尊厳

第四部 応答的な書評
1 大貫隆著『世の光イエス』への/からのコメント
2 イエスの覚醒体験とは何であったか
3 内田芳明『ヴェーバー『古代ユダヤ教』の研究』を読む

【シリーズ案内】
第1巻 ヨブ記の全体像

★シリーズのカタログはこちら(3MB)


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます