日本キリスト教団出版局



岩村 昇

イーショップ教文館

ひかりをかかげて《第5回配本》

岩村 昇

ネパールの人々と共に歩んだ医師


田村 光三:著

A5判 並製 114ページ

1,320円税込

978-4-8184-0862-3 C0016

2013年09月


ローティーン向けキリスト者伝記シリーズ、第5弾!


1962年、ヒマラヤがそびえるネパールへと降り立った岩村昇医師は、公衆衛生医として「その土地の生活の現場で、生活レベルで、民情に合わせて」対策を打ち立てていく。多くの出会い、人々の温かさに触れながら、「みんなで生きるため」、18年の歳月をネパール医療に捧げた。


【目次】

  読者のみなさんへ

第1章 クリスチャン医師への道
  弱いほうの立場に立って行動せよ
  思想しつつ、生活しつつ、祈りつつ
  「手当て」の力
  一人でいいから医者になってほしい
  原子爆弾被爆
  洗礼を受ける
  米子医科大学へ入学
  医学部卒業と結婚

第2章 ネパールと出会う
  決意
  ネパールの歴史
  「秘境」ネパール

第3章 タンセンへ
  山の上にある病院
  結核の治療と予防活動
  住民参加の住民による結核対策を
  生活の現場で、生活レベルで
  住民の所へ行き、彼らから学べ

第4章 みんなで生きるためだ
  サンガイ・ジウナコ・ラギ
  たくされた小さな命
  ネパールの女性たち

第5章 支えられて働く
  日本キリスト教海外医療協力会
  使用済み切手運動
  ネパールとキリスト教
  ネパール合同ミッションとJOCS
  UMN本部での地域保健ディレクター

第6章 宇宙船地球号の乗組員
  PHD運動
  「アジア自然塾」と稲村昭南さん
  ネパールとフィリピンでの植林活動

第7章 平和をつくっていくこと
  運動の精神を整える
  国際人材開発機構
  研修生となった人たちは
  へりくだって神と共に歩むこと
  戦争責任に直面する――フィリピンにて
  平和をつくっていくこと

  「あとがき」にかえて/参考文献/岩村昇年譜


【著者紹介/田村光三(たむら・こうぞう)】
1928年、北海道小樽市生まれ。明治大学名誉教授。経済学博士。日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)理事として、長年にわたりその運営に携わる。著訳書に、多くの経済に関するものがあるほか、『福音と平和の証人 浅見仙作』(1996年、シャローム図書)がある。


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます