日本キリスト教団出版局



たとえ話

イーショップ教文館
ブックサービス

神学は語る《第3回配本》

たとえ話


デイヴィッド B.ガウラー:著
駒木 亮:訳

A5判 並製 202ページ

2,808円税込

978-4-8184-0848-7 C3016

2013年02月


興味深い神学テーマをとりあげ、学びの簡潔な見取り図を提供するシリーズ


イエスのたとえ話は、イエス自身が「神の国」の使信をどう伝えたかを知る上で、最も重要な資料と考えられてきた。本書は神学者が重ねてきた膨大な議論を、歴史的批評、文学的批評、社会科学的批評など大きく七章に分類し、「たとえ話」研究の最先端へと読者を導く。


【目次】

  序論

第1章 たとえ話に対する歴史的批判的アプローチ
  歴史的終末論的アプローチ
  編集史批評的アプローチ
  たとえ話と「新解釈学(New Hermeneutic)」

第2章 たとえ話に対する文学的アプローチの出現
  審美的修辞的批判
  隠喩としてのたとえ話
  審美的対象としてのたとえ話
  ワイルダー、ファンク、ヴァイアの様々な遺産
  構造主義の短い支配
  結論

第3章 たとえ話に対する文学的アプローチの成熟 
  ジョン・ドミニク・クロッサン
  バーナード・ブランドン・スコット
  たとえ話の文脈的読み
  結論


第4章 たとえ話とそのユダヤ的文脈
  ヘブライ語聖書におけるマーシャル〔Māšāl=たとえ話〕
  ヘブライ語聖書の中のたとえ話
  最近の研究におけるマーシャル
  マーシャルとしてのたとえ話:ラビ文学の事例
  ラビのたとえ話とイエスのたとえ話

第5章 たとえ話とそのヘレニズム的文脈
  たとえ話のギリシア語
  たとえ話とギリシアの寓話
  たとえ話とパイデイア(Paideia)
  結論

第6章 たとえ話とその社会的文脈
  たとえ話と社会科学
  名誉と恥
  古代の経済:限られた富と保護者─仲介者─被保護者関係
  古代の経済:たとえ話についての農民の読み方/聴き方
  家、ジェンダー・ロール〔男女の性別役割〕、
    そして女性に関するたとえ話の描写
  結論

第7章 直喩と隠喩から象徴と象徴言語へ
  たとえ話と進化的な神の国
  たとえ話と差し迫った黙示的神の国
  たとえ話と現在実現された神の国
  たとえ話と部分的に実現された神の国
  たとえ話と非時間的な神の国
  寓喩の再考:寓喩、隠喩、そしてたとえ話
  たとえ話と解放する神の国
  寓喩の再考:セム語の文脈
  寓喩と神の国の再考:詩的創作としてのたとえ話
  よみがえった寓喩:寓喩とイエスの声
  結論:たとえ話、隠喩、そして象徴言語

  結論/さらに学ぶために/索引/訳者あとがき


▶▶『本のひろば』2013年6月号で書評が掲載されました!


“アルバイト募集”
100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
キリスト教本屋大賞Facebookページ
キリスト教本屋大賞2017
結果が発表されました!

大賞『聖書人物おもしろ図鑑 新約編』
第04位『そうか!なるほど!!キリスト教』
第07位『三浦綾子366のことば』
第10位『10代のキミへ』
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます