日本キリスト教団出版局



フィリピの信徒への手紙


グループスタディ12章

フィリピの信徒への手紙


山崎 英穂:著

四六判 並製 136ページ

1,320円税込

ISBN978-4-8184-0773-2 C0016

2011年01月


『信徒の友』における聖書研究の連載を書籍化するシリーズの5冊目。パウロが獄中にあって記したフィリピ書には、「喜び」という言葉が繰り返し出てくる。その背景を読み解いていくことにより、キリスト教信仰を通して私たちに与えられた真の希望を伝える。


【目次】

  聖書をグループで学ぶこと(大島 力)
  グループでの聖書研究の持ち方(平野克己)

1 キリスト・イエスのしもべ(1・1〜2)
   言葉のいのち
   執筆の情況と年代
   キリスト・イエスの僕(しもべ)
   喜びの秘密

2 祈りと愛の包囲網(1・3〜11)
   フィリピ教会の発端
   福音と感謝の泉
   とりなしの祈りの発見
   キリスト・イエスの日

3 問われるほどに愛されて(1・7〜11)
   悲痛
   共に恵みにあずかる喜び
   キリスト・イエスの愛の心
   愛・アガペーと神の栄光

4 祈りと霊の天窓(1・12〜19)
   人生のテーマ
   意外な展開──福音の前進
   喜びの理由
   わたしの救いとなる

5 同じ巨匠の手によって(1・20〜26)
   ただ一つの願い
   生はキリスト、死は利益
   信仰の前進と喜び
   それでも明日は来る

6 福音にふさわしく(1・27〜30)
   帰属意識
   福音の信仰のために
   最高の恵み
   婚礼の晴れ着

7 人生模様の裏表(2・1〜11)
   天の高いところに
   他人のほうが大事になるとき
   十字架の死に至るまで
   あらゆる名にまさる名

8 いのちの言葉と星の輝き(2・12〜18)
   うながしと従順
   原動力
   救いの分かれ道
   生命の始まり


9 人生のコペルニクス的転回(2・19〜30)
   テモテ
   主による確信
   エパフロディト
   憐れみの証人
   
10 キリストにある私の発見(3・1〜11)
   警戒
   価値の転換
   存在の美しさ
   何とかして

11 日の出に向かって旅する者(3・12〜4・1)
   永遠の求道者
   わたしに倣え
   信仰のパスポート
   神が来られるなら

12 喜びの泉(4・2〜23)
   命の書
   喜びの鐘
   主の接近と冒険
   予期せぬ扉
   イエス・キリストの恵み

  あとがき


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます