日本キリスト教団出版局



私のキリスト教入門


私のキリスト教入門

使徒信条による


隅谷 三喜男:著 平野 克己:解説

四六判 並製 144ページ

1,512円税込

ISBN978-4-8184-0643-8 C0016

2007年06月


さまざまな分野で大きな足跡を残した著者が、使徒信条に照らし、自身の信仰告白としてのキリスト教理解をわかりやすく語る。使徒信条を一節ごとにていねいに読み解き、キリスト教信仰の本質を探る。1983年に著されて以来、広く親しまれてきた良書、待望の復刊。


【目次】

 はしがき

1 信じるということ
    ――我は信ず
   信仰告白
   我は信ず(1)
   我は信ず(2)
   信仰の世界
   使徒信条の告白
2 信仰と科学
    ――天地の造り主
   天地創造と進化論
   信仰と科学
   創造主の信仰
   日本人と汎神論
   聖書における創造
3 神と人間
    ――全能の父なる神
   全能の神
   父なる神
   人格としての神
   神のかたち
4 神と歴史
    ――神の独り子、我らの主
   神の子の告白
   つまずきの石
   神の独り子
   われらの主
   主イエス
5 イエスとキリスト
    ――イエス・キリストを信ず
   イエス・キリスト
   イエスかキリストか
   忍び姿のイエス
   イエスこそキリスト
   イエス・キリストを信ず
6 キリストの降誕
    ――聖霊によりてやどり、処女(おとめ)マリヤより生れ
   イエスの降誕
   受肉の福音
   神の子の生誕
   処女降誕
   イエスの系図
   西暦紀元
7 苦難の僕(しもべ)
    ――ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け
   ポンテオ・ピラトの時
   神の世界と人間の歴史
   苦難の生涯
   飼葉桶のイエス
   苦難の意味
   キリスト教における真理
8 十字架
    ――十字架につけられ、死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり
   十字架とキリスト教
   十字架への途
   イエスの死
   贖罪の死
   イエスの葬り
   陰府にくだり
9 復活の信仰
    ――三日目に死人のうちよりよみがへり
   イエスの復活
   聖書の復活記事
   初代教会の復活信仰
   復活の信仰
   空虚な墓
   三日目に死人のうちより
10 とりなしの主
    ――天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまへり
   福音書とイエスの昇天
   キリストの神のもとへの帰還
   神の右に座したもう
   とりなしの主
   教会の主
   全能の父なる神の右
11 最後の審判
    ――かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを審きたまはん
   終末論の流行
   主は近い
   この世の時と終わりの時
   最後の審判
   かしこより来りて
12 語りかける神
    ――聖霊を信ず
   人間とかかわりをもつ神
   初代教会の活力の源泉
   聖霊とは何か
   人格神の信仰と聖霊
   霊と肉
13 教会とは何か
    ――聖なる公同の教会、聖徒の交はり
   聖なる教会を信ず
   見える教会
   聖なる公同の教会を信ず
   聖徒の交わり
   教会の任務
14 罪とその赦し
    ――罪の赦し
   恥と罪
   罪とは何か
   罪の赦し
   罪の赦しを信ず
   悔改めと人生の喜び
15 ふたたび神のもとへ
    ――身体(からだ)のよみがへり、
      永遠(とこしえ)の生命(いのち)を信ず
   死について
   霊魂不滅と復活
   身体のよみがえり
   永遠の生命
   信仰と希望と愛と

 あとがき――解説に代えて(平野克己)


100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます