日本キリスト教団出版局

盛況のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
シンポジウム
苦難と不条理の中でいかに聖書を読むか
『3.11以降の世界と聖書 言葉の回復をめぐって』(青山学院大学総合研究所叢書)
の刊行を記念して
2016年3月、青山学院大学総合研究所プロジェクトの成果刊行物として『3.11以降の世界と聖書 言葉の回復をめぐって』(福嶋裕子、大宮 謙、左近 豊、スコット・ヘイフマン編著)が、日本キリスト教団出版局より刊行されました。このたび本書の刊行を記念するシンポジウムを開催します。東日本大震災や熊本地震をはじめ、全世界を包む苦難と不条理の中で、いかに聖書の御言葉に聴き、祈るか、ご一緒に道を求める時としたいと願います。
学生、信徒、教職を問わず、どうぞご参加ください。

◆日時 2016年7月1日(金) 18:00〜20:00(開場17:30)《入場無料》
◆会場 日本キリスト教団 美竹教会  ▶会場アクセスはこちら

◆発題者
福嶋裕子(青山学院大学 准教授・宗教主任)
大宮 謙(青山学院大学 准教授・宗教主任)
左近 豊(美竹教会 牧師)

◆予定プログラム

第一部 発 題
 Ⅰ 伝わらぬ哀しみを抱えて─哀歌の場合
 Ⅱ 苦しみと奇跡物語のはざまで
 
第二部 共同討議「苦難の中で聖書を読むとはどういうことか」
 
第三部 祈りと黙想のとき

◆お申し込みについて
☆資料の準備がありますので、下記宛てにお名前・ご連絡先を添えてお申し込みいただければ幸いです。

日本キリスト教団出版局 出版第一課
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-4F
TEL 03-3204-0424 FAX 03-3204-0457 Eメール shoseki2@bp.uccj.or.jp

※下の画像をクリックでPDFにてチラシをご覧いただけます。

 

会場アクセス
日本キリスト教団 美竹教会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-17
 
「渋谷駅」東口から徒歩5分
《路線》
JR山手線・埼京線、京王井の頭線、東急東横線、
東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線
 
※公共交通機関をご利用ください。

書籍のご紹介
3.11以降の世界と聖書 言葉の回復をめぐって

福嶋裕子/大宮 謙/左近 豊/スコット・ヘイフマン:編著

A5判 上製 210ページ・本体1,700円+税
ISBN978-4-8184-0939-2 C3016 《2016年3月24日刊行》  紹介ページはこちら


東日本大震災の後に、どう神に祈り、どう聖書を読むか。この問いを基に、震災から5年を経て結実した、聖書学者4人による論文集。震災を経験した3人のキリスト者の証言も併せて収録。現場からの証言と聖書学者の論考が響き合い、聖書理解の新しい可能性を示す。〈青山学院大学総合研究所叢書〉

【目次】
 
第1章 記憶と証言
 序 3.11 以降の証言と聖書……左近 豊
 証言……井形英絵、片岡輝美、川上直哉
 
第2章 創造から新しい創造へ─イエス、審判、そして津波・福島災害
     ……スコット・ヘイフマン(左近 豊訳)
 
第3章 混沌の記憶と言葉の回復─危機を生き抜く信仰者と教会
     ……左近 豊
 
第4章 嘆きの記憶と言葉の回復─哀歌におけるimprecationについて
     ……左近 豊
 
第5章 絶望の記憶と言葉の回復─イエスの湖での奇跡をめぐって
     ……大宮 謙
 
第6章 苦難の記憶と言葉の回復
    ─パウロの使徒としての苦難とⅡコリント2:14-16aの重要性
     ……スコット・ヘイフマン(左近 豊訳)
 
第7章 死者の記憶と共同体の回復─ヨハネ黙示録の修辞的歴史的分析
     ……福嶋裕子
 
第8章 技術から見る人間の回復
    ─プロメテウスの火と技術をめぐる聖書解釈への展望
     ……福嶋裕子

【ご注文について】

営業課(TEL 03-3204-0422、E-mail eigyou@bp.uccj.or.jp)までご連絡いただくか、
下記のインターネットショップでお求めください。

イーショップ教文館 ブックサービス
主催/シンポジウム「苦難と不条理の中でいかに聖書を読むか」実行委員会
共催/青山学院大学総合研究所キリスト教文化研究部、日本キリスト教団出版局

100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます