日本キリスト教団出版局

盛況のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
第26回キリスト教文化講演会
遠藤周作と井上洋治
遺言的著作『深い河』と『遺稿集「南無アッバ」の祈り』を読む
講 師 山根道公(ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所教授、遠藤周作学会事務局長)
 遠藤周作『深い河』と、井上洋治神父の『井上洋治著作選集5 遺稿集「南無アッバ」の祈り』が21世紀を生きる私たちに遺言として語りかけてくる言葉に耳を傾けます。遠藤は、「20世紀の宗教の限界」を意識し、「井上神父の考えの背後に次の世紀の足音をきく」と述べ、『深い河』の大津に井上神父の信仰を投影します。孤独に苦しむ現代人の魂の問題と、暴力の連鎖が止まらない現代社会の宗教の問題に対して、両遺言的著作が指し示す、苦しみの連帯と宗教の平和と共存の道を読み解きます。
 ぜひご参加ください。

●日 時 2015年 719日(日) 午後1時30分〜3時30分《午後1時開場》
●会 場 教文館9階ウェンライトホール  ▶会場アクセスはこちら
●参加費 500円

●お申し込み方法
お名前・申込人数・ご住所・電話番号・FAX・メールアドレスを明記の上、下記の教文館キリスト教書部へ
FAX、メールのいずれかでお申し込みください。先着100名様に折り返し入場整理券をお届けします。
【講師紹介】
山根道公 (やまね みちひろ)

1960年生まれ。文学博士。文学者の信仰がその作品に与える影響を研究すると共に、井上神父が日本人の心に福音を届けたいとの願いから始めた「風の家」運動に創設から携わり、現在も機関誌「風」の発行等を行っている。
著書:『遠藤周作─その人生と「沈黙」の真実』、『遠藤周作「深い河」を読む』(いずれも朝文社)ほか。また、『遠藤周作文学全集』(新潮社)全15巻の解題と年譜を担当し、『井上洋治著作選集』(日本キリスト教団出版局)全5巻の解題を担う。

【主催】教文館キリスト教書部、日本キリスト教団出版局   【後援】日本キリスト教文化協会

お申し込み
問い合せ先
教文館キリスト教書部 〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-1 3F
TEL.03-3561-8448 FAX.03-3563-1288 E-mail.xbooks@kyobunkwan.co.jp
関連書籍は、当日会場でも販売致します。また講演者のサイン会も予定しています。
※下の画像をクリックでPDFにてチラシをご覧いただけます。
 お申し込み用紙としてもご利用いただけます。

会場アクセス

大きな地図で見る
教文館
〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-1
HP:http://www.kyobunkwan.co.jp/

【交通案内】
●地下鉄 銀座駅
(銀座線・日比谷線 A9出口)(丸ノ内線 C8出口)
●地下鉄銀座一丁目駅(有楽町線 8出口)
●JR有楽町駅(山手線)


◆主題人物のご紹介


遠藤周作 (えんどう しゅうさく)

1923年、東京に生まれる。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。1950年フランスへ留学。1955年「白い人」で芥川賞を受賞。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品、歴史小説も多数ある。主な作品は『海と毒薬』『沈黙』『イエスの生涯』『侍』『スキャンダル』等。1995年、文化勲章受章。1996年9月29日逝去。

井上洋治 (いのうえ ようじ)

1927年、神奈川県に生まれる。東京大学文学部哲学科を卒業。1950年、フランスに渡る船内で遠藤周作と出会い、以来盟友となる。フランスではカルメル会修道会に入会、修道のかたわらリヨン、リールの各大学で学ぶ。1957年カルメル会を退会し、帰国、1960年、司祭となる。1986年より「風の家」を創める。2014年3月8日逝去。

遠藤周作氏(右)と井上洋治神父(左)の2人で写った1枚

◆主題著作のご紹介

深い河
遠藤周作 著  1996年6月13日発行(講談社文庫)
愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。人と人のふれ合いの声を力強い沈黙で受けとめ河は流れる。第35回毎日芸術賞受賞。
文庫判・374頁・本体610円+税

講談社の紹介ページはこちら     ※初出は1993年6月4日、四六変型判にて刊行

井上洋治著作選集5
遺稿集「南無アッバ」の祈り

井上洋治 著  山根道公 編・解題・解説
2015年2月20日発行(日本キリスト教団出版局)

2014年3月に逝去した井上洋治神父の遺稿を集め、単行本化。日本人の心に届くようイエスの教えを伝えるため模索し続けた、カトリック司祭 井上洋治。思索の末にたどり着いた、「南無アッバ」の祈りのこみちを始めとして、命を賭して語られたメッセージを収録する。山折哲雄氏との対談、井上神父の詳細な年譜も併せて掲載。

A5判 上製・248頁・本体2,500円+税

100選案内ページ
賛美歌案内ページ
リトルベル刊行絵本一覧
「牧師」を知る10冊
オルガン曲集一覧表
311を忘れないために

楽譜のコピーはやめましょう
日本基督教団ホームページ
こひつじ文庫ホームページ
»twilog(ツイログ)で見る
※ブログ形式でツイートが
 ご覧いただけます